消費者金融とカードローンの違いって?

一時期はゴールデンタイムにもテレビCMを流していた消費者金融。
ここでは消費者金融とカードローンの違いを解説していきましょう。
カードローンと言うのは、消費者金融ではなく銀行が発行するキャッシングカードのことをさしています。
担保については、それが必要なカードローンと、必要ない無担保カードローンがあり、圧倒的に無担保ローンのほうが広く利用されています。
ちなみに、銀行系のカードローンの場合、所管が銀行法になるため、貸金業法で規制されている消費者金融のキャッシングとは法律面で異なっています。
それなので、総量規制対策にカードローンを利用する人も少なくありません。
消費者金融が当座の生活資金を念頭においているのに対して、カードローンは用途が自由になっています。
また、カードローンと消費者金融では金利レベルでも大きな違いがあります。
実は、カードローンは消費者金融よりもずっと安い金利で融資をしてくれるのです。
例えば、消費者金融の場合は最低金利が6.
3~7%ほどですが、カードローンでは最低金利5%台も珍しくはありません。
当然、カードローンの低金利も特定の状況下での数値ではありますが、同じ金額を借りた場合は消費者金融よりも低金利になることがほとんどです。
じぶん銀行カードローン女性用キャッシングはある?【審査甘い?】